これから勉強を始める初学者におすすめのプログラミング言語

プログラミング学習はじめの一歩
プログラミング学習を始める時に悩む言語選び。
今回は、初心者の方におすすめのプログラミング言語選びについてしっかり説明していきます。
これからプログラミング勉強を始めようと決意した方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

「何を作りたいか」で逆算する

プログラミング言語にはたくさんの種類があり、それぞれ役割があります。
  • スマホのアプリを開発できる言語
  • Windowsのアプリを開発できる言語
  • ホームページを作成できる言語
  • パソコンの自動化ができる言語
代表的なものを少しだけ選んで記載しましたが、実際にはもっともっとたくさんあります。
そのため、学習するプログラミング言語を決めるのに必要なものは「プログラミングで何を作りたいか」です。
何を作りたいかが決まれば、勉強すべきプログラミング言語がおのずと決まってくるのです。

二度手間になってしまうケース

初心者向け、初学者向けと言われるプログラミング言語があります。
確かに言語によって習得するのに時間がかかるものと、そうでないものがあります。
初心者向けのプログラミング言語だからといって、勉強を始めてみたものの、実際に自分が作りたいものがその言語で作れないことも可能性としてはゼロではないです。
その場合、また別のプログラミング言語を勉強しないといけないという二度手間が発生してしまいます。
まずは、プログラミングで作りたいものを決めて、それから言語を決めるのが良いでしょう。

就職したいジャンルから選ぶのもあり

「そんなこと言っても作りたいものなんか思い浮かばないよ。」

なんて方も多いと思います。

この場合は就職したい(または転職したい)ジャンルから選ぶと良いですね。

  • ウェブ系のプログラマーになりたい
  • システム開発をしたい
  • ゲームプログラマーになりたい
  • AI開発を行いたい

などですね。

ざっくりと「プログラマーになりたい」という欲求を「どんなプログラマーになりたいのか」に落とし込んでみると良いでしょう。

すると、自分が勉強すべきプログラミング言語が見えてきますね。

作りたいものとプログラミング言語の一覧

作りたいものが決まれば、次はプログラミング言語選びですね。

参考までに、ここで一覧をまとめてみますので、参考にしてください。

ホームページを作成したい

この場合は

  • HTML
  • CSS
  • javascript

ですね。

言語が3つありますが、この3つはほぼセットです。

特にHTMLとCSSは一緒に使わないといけないものなので、実質は

  • HTMLとCSS
  • javascript

になります。

ウェブアプリを作りたい

ネットショップやSNSのようなウェブで動くアプリ(いわゆるウェブサービス)を作りたい場合です。

先程紹介したHTML、CSS、javascriptの他に

  • PHP
  • Perl
  • Python
  • Ruby

といった言語が使われます。

この言語はどれか一つで大丈夫です。

また、データベースの知識も必要になります。

データベースというのは、サーバー上にデータを保存しておく仕組みみたいなもので、ログイン情報やユーザーの情報、投稿された内容などを保存しておくことができるものです。

スマホアプリを作りたい

スマホアプリを作る場合は、AndroidとiOS(iPhone)で使用する言語が異なります。

javascriptなどで、両方に対応したアプリの開発は可能ではありますが、アプリのパフォーマンスなどを考慮すると、それぞれ専門の言語を使って開発した方がクォリティは高くなります。

  • Android => kotlin、Java
  • iOS => swift

が今、旬の言語でしょうか。

また、iOSアプリの開発はMacでしか行うことができませんので、注意してください。

AI開発を行いたい

AIの場合はPythonという言語一択です。

統計やAIを使うためのライブラリが豊富にあり、プログラミングの構文もシンプルな言語です。

Pythonはシンプル故に習得が簡単なプログラミング言語と言われています。

ただ、難点としてAIなどの開発はプログラミング以外の専門知識も必要になりますので、一緒に勉強する必要はあります。

ゲームプログラマーになりたい

ゲーム開発では色々な言語が使われています。

また、PCゲームなのか、スマホゲームなのか、家庭用ゲーム機なのかでも開発言語が変わる場合があります。

よく使われている言語は

  • C++
  • C#

になります。

ゲームを開発するためのプラットフォームもあり、有名なところは「Unity」です。

Unityでは、C#での開発をサポートしていますので、「Unity+C#」の組み合わせはおすすめです。

他にもブラウザで行うゲームをjavascriptで開発したり、スマホゲーム開発は先程紹介したスマホアプリを開発する言語を使用して行うことになります。

オンラインゲームの場合は、サーバー周りの言語や知識も必要になる場合があります。

とりあえずプログラミングを学習したい!という人は、

ここまで読んで、自分が勉強すべきプログラミング言語が分かった人もいると思います。

ただ、それでも「作りたいものがない」という場合はこれから紹介するプログラミング言語がおすすめです。

個人的におすすめなのはjavascriptです。

先程から何度も紹介しているjavascriptは初心者の方におすすめのプログラミング言語です。

おすすめの理由としては

  • 環境構築が簡単(ほぼ準備するものなしくらい)
  • 動作の確認が簡単(ブラウザですぐ動作確認)
  • OSに依存なし(WindowsでもMacでもでちらもOK)
  • 需要が多い
です。
特に初心者にとって最初の障壁となりうる環境構築は、とても簡単でGoogleChromeとテキストエディタのVScode(どちらも無料)をインストールすればすぐに勉強を始めることができます。
勉強の流れとしては、
  • HTMLとCSS
  • javascript

の順番で習得することになります。

基本的にはホームページの開発を行うことが多い組み合わせです。

ですが、汎用性も高く

  • スマホアプリの開発
  • 簡単なゲームの作成
  • ウェブアプリ開発

なども行うことができます。

学習する言語で迷ったら、javascriptがおすすめです。

次におすすめなのはPythonです。

Pythonは、巷で人気のプログラミング言語です。
特にAIや統計などの分野で不動の地位を築きつつあります。
構文もシンプルで初心者でも覚えやすい特徴があり、とっつきやすいプログラミング言語です。
ただ、少しだけ難点があり、流行り(かもしれない)のAIや統計を目的としてPythonを勉強しようとした場合に、プログラミング以外の知識が必要になるということです。
AIをちょっと触るだけなら良いと思いますが、しっかりスキルとして身につけたい場合には、プログラミング以外の勉強も頑張る必要があります。
とはいえ、Pythonでは
  • 簡単なゲーム開発
  • サーバーサイドの開発

などは行うことができます。

プログラミング構文自体はシンプルで習得しやすいですが、初心者が扱う手軽さではjavascriptの方が上だと判断し、2番目の紹介としました。

まとめ

今回は初心者が勉強するプログラミング言語の紹介でした。

結論は自分が作りたいものを開発できる言語を選ぶです。

作りたいものがイメージできない場合には「javascript」や「python」がおすすめです。

ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました