プログラマーとシステムエンジニアの違いとは?

プログラミング学習はじめの一歩

プログラマー、システムエンジニア、どちらも聞いたことがある言葉であり職種だと思います。

それでは、それぞれの違いは分かるでしょうか?

今回は、プログラマーとシステムエンジニアの違いについてお話します。

それぞれ役割が違います

最初にざっくり説明すると、

  • システムエンジニアは仕様書を作成したりディレクションを行う業務
  • プログラマーは仕様書通りにプログラムを書く業務

を担当します。

システムエンジニアは、プログラムを書くというより、どのようにプログラムを書くかを設計し、それをスケジュールどおりに進めるのが仕事です。

プログラマーはシステムエンジニアが作成した設計を基に、実際にプログラミングを行うのが仕事になります。

システムエンジニアとは

システムエンジニアは略してSE(エスイー)と呼ばれることが多いです。

クライアントとの打ち合わせにも参加し、クライアントのニーズを聞き出しながら開発の方向性や、設計書を作成します。

もちろん、プログラミングに精通した知識が必要であると同時に、打ち合わせでのコミュニケーション力、そしてスケジュールどおりにプログラマーを動かすマネージメント能力も必要になります。

システムエンジニアになる人は、プログラマーとして経験を積んでいることが多いです。

また、職場によってはシステムエンジニアとプログラマーを兼任するケースもあります。

プログラマーとは

プログラマーは、前述したシステムエンジニアが作成した設計を基にプログラミングコードを書いていきます。

求められるスキルとしては、プログラミングの深い知識とスキル、スケジュールを守るスキル、他プログラマーと円滑に仕事を進めるためのコミュニケーションスキルです。

システムエンジニアは、打ち合わせなど色々な仕事内容を持つのに対して、プログラマーの仕事はシンプルに「プログラムコードを書くこと」です。

3年や4年ほど経験を積んだ後に「システムエンジニア」に移行する人もいますが、プログラミングが好きだという理由で、そのままプログラマーとして活躍する人もたくさんいます。

収入の違いは?

一般的にはシステムエンジニアの方がプログラマーより年収が高い傾向にあります。

現在の日本ではシステムエンジニアとプログラマーどちらも人材が不足しており、その中でもプログラマーの経験も必要で、かつ豊富なスキルが求められるシステムエンジニアは不足しているのです。

プログラマーになり数年実績を積んで、そこからシステムエンジニアになるというのは、一つのキャリアとして成功する可能性が高いですね。

それぞれの将来性は?

プログラマーとシステムエンジニア、共に将来性は高いと思います。

現在はどちらも人材不足で、さらに将来も人材不足は続いていくと言われるからです。

それと、多くの分野でのIT化が進むことでプログラミングの仕事はさらに増えていきます。

需要の増加と人材不足が重なって、貴重な人材として活躍できるようになると思われます。

まとめ

システムエンジニアとプログラマーでは「役割」が違います。

  • システムエンジニアは打ち合わせから設計の作成など多岐にわたる業務で専門の知識が必要
  • プログラマーは設計を基にプログラミングを行う仕事で、より専門性の高い知識とスキルが必要

現在ではどちらの年収も高水準ですが、システムエンジニアの方がより高い年収であることが多いです。

今後の需要の増加と人材不足から、どちらも将来性の高い職種と言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました