MacでWindowsのDeleteキーを実現する2つの方法!結論:ショートカットでできます

WindowsからMacに乗り換えて困ることの一つに「キー配置」がありますよね。

今回は「Deleteキー」についてお話します。

MacにもDeleteキーはあるのですが、WindowsのDeleteキーとは異なる働きをします。

今回は、MacでWindowsのDeleteキー相当の働きをするショートカットを2つ紹介します。

そもそもDeleteキーってどのキー?

Deleteキーは端的に言うと文字を一つ消すものです。

MacのDeleteキーは下の画像の赤枠のところにあります。

このMacのDeleteキーはWindowsで言うとBack Spaceキーに相当します。

では、Windowsの場合のDeleteキーはMacのキーボードのどこにあるのでしょうか?

それが、探しても見つからないのですよね。

というのもMacの場合、WindowsのDeleteキーはショートカットを使って行うことになっているのです。

※ショートカットとは、2つのキーを組み合わせて使う動作のことを言います

MacでwinのDeleteする2つのショートカット

ショートカットは先程も書いたように2つあります。

「fnキー」と「Back Spaceキー」の同時押し

画像の赤枠の箇所ですね。

「fnキー」と「Deleteキー」を一緒に押すことで、Windowsのdeleteキーと同じ動きをします。

「controlキー」と「Dキー」でもdeleteできる

この組み合わせでもWindowsのdeleteキーと同じ動きをします。

最初に紹介した「fnキー」と「back spaceキー」の組み合わせでも、「controlキー」と「Dキー」の組み合わせでも、どちらも同じ動作をします。

ショートカットは2つありますが、2つ覚える必要はないので、右手で操作するか、左手で操作するかでどちらか片方を覚えておくと良いかなと思います。