pine script(pine スクリプト)でボリンジャーバンドをチャートに表示する|サンプルコード付き

2018年10月20日

今回はpine scriptでボリンジャーバンドを計算してTrading Viewのチャートに表示させてみようと思います。

ボリンジャーバンドは裁量の投資家も多数使っている人気のインジゲーターの一つです。

ボリンジャーバンドのコードを覚えることで、応用のインジゲーターを作ったりボリンジャーバンドを使ったロジックのバックテストができるようになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

ボリンジャーバンドを表示させるpine script

例のごとくサンプルコードの紹介からしていこうと思います。

そのあとに、コードの説明をいれていきます。

上記サンプルコードをTrading Viewに反映させると、

こんな感じになります。

説明は不要かと思いますが、青線が1シグマ、緑線が2シグマ、赤線は移動平均線です。

バリンジャーバンドコードの詳細説明

それでは、上記コードを詳しく説明していきたいと思います。

まず

1行目の「//@version=3」はpine scriptのバージョンを指定するコードです。

定型文として覚えておきましょう。

2行目「study(“ボリンジャーバンド”, overlay=true)」では、このpine scriptは「study」であることを宣言し「ボリンジャーバンド」という名前を付けました。

「overlay=true」をカンマ区切りで追加することで、ろうそく足と同じチャート画面上にこのインジゲーターを表示させることができます。

次に「src」「length」という変数(空の箱のようなもの)を用意しました。

ちなみに名前は任意で変えていただいても大丈夫です。

それぞれの変数に右辺(=より右にあるもの)を代入させます。

「src」には「close」を代入

「length」には「input(20)」を入れました。

これらの変数は次の計算式で使っていきます。

ちなみにcloseというのはpine scriptの組み込み関数で「終値を利用する」というものです。

続いて、移動平均線と標準偏差を用いてシグマを計算します。

「MA = sma(src,length)」これはお決まりのSMAの計算方法です。

「sma」はpine scriptの組み込み関数で、移動平均線(SMA)を計算してくれる便利な関数です。

こてに「(src,length)」と先ほど準備した変数を入力しています。

「src」は「close」で、「length」は「20」となり、ろうそく足の終値20本分の移動平均線が計算されていることになります。

次の行で、これもpine scriptの組み込み関数「stdev」で標準偏差を計算します。

この時使うものは、先ほど移動平均でも使用した変数「src」と「length」です。

この標準偏差を移動平均線に足したり、引いたりすることでボリンジャーバンドのシグマを計算することができます。

ここは、シグマの計算式です。

1シグマは移動平均から標準偏差の数値を足したもので、反対に引いたものはマイナス1シグマになります。

2シグマは標準偏差を2倍にして移動平均線に足すか、引くかしたものになります。

それぞれを変数「upper_1」や「lower_1」などに代入しています。

最後はplotによるチャートへの表示です。

MAは赤、1シグマは青、2シグマは緑でチャートに表示するように命令分を書いています。

pine scirptでボリンジャーバンドまとめ

ここまで読んだ人はお分かりかと思いますが、ボリンジャーバンドは移動平均線を計算することができれば、簡単に書くことができるインジゲーターでもあります。

シンプルでかつ良く使われているインジゲーターなのです。

pine scriptを勉強している人は、ぜひ覚えておいてください。