【初心者向け】pine scriptでMACDをチャートに表示してみよう-サンプルコード付き

2018年10月20日

今回はチャートのインジゲーターとしては有名で、良く使われることがあるMACDをpine scriptでコードを書いて表示させてみようと思います。

もちろんですが、TradingViewにはMACDを簡単に表示する機能があり、わざわざpine scriptで書く必要はありません。

これは勉強のためのコード解説となります。

スポンサーリンク

MACDを表示するサンプルコード

さっそくサンプルコードから紹介します。

こんな感じになります。

これをチャートに追加すると、

こんな感じになります。

ろうそく足が表示されているチャート画面の下にMACDが表示されているのが分かります。

青い線がMACDで、赤い線がsignalになります。

MACDの計算は、

短期と中期の移動平均線(EMA)の差がMACD。

MACDの移動平均線(SMA)がsignalとなります。

次の項で、コードを詳しく説明していきますので、ぜひ読んでみてください。

サンプルコードの説明

最初の1行目と2行目。

この文面は定型で書くものと思ってください。

//@version=3

はpine scriptのバージョンを指定するもので、現行の最新がバージョン3なのでこのまま書きましょう。

study(“MACDの練習”)

は、このpine scriptが「study」か「strategy」を指定するものです。

今回はチャートに線を表示するだけなので「study」を選んでいます。

(“”)で囲まれた「MACDの練習」はこのpine scriptの名前になりますので、任意の名前を付けてもらって構いません。

study(“MACDの練習”,overlay=true)

とカンマ区切りで「overlay=true」と記載すると、ろうそく足と同じチャート画面にインジゲーターを表示させることができますが、MACDは別窓で表示させたいので、記載はしていません。

ここでは「fast」と「slow」という変数を用意して、それぞれに12と26を入れていますが、後から変更もできるようにinput()で囲っています。

input()で囲むことでチャートに表示してからでも中の数字を変更することが可能となります。

ここは、移動平均線の計算です。

MACDは短期と中期の移動平均線の差ですので、2本分さきほど書いた「fast」と「slow」を利用して計算しております。

emaは移動平均線を計算させるための、あらかじめpine scriptに用意されている関数となります。

closeはろうそく足の終値の価格をとってくるという意味です。

ここでは、macdに先ほど計算した移動平均の差を計算して入れています。

signalにはmacdの平均線を入れています。

再度はplotを使って、macdとsignalをチャートに表示させます。

カンマ区切りでcolor=と色を指定することができます。今回はblueとredで青と赤を使っています。

pine scriptでMACDを計算まとめ

MACDのサンプルコードはチュートリアルにもありますので、ほぼ同じ内容になっていると思います。

それぞれのコードの単語の意味とかは、

→→【初心者向け】pine scriptでチャートに移動平均線を絵画してみよう!サンプルコード付き

こちらの記事の方が詳しくのっていますので、読んでみてください。

MACD自体はとても簡単に計算ができますので、いろいろパロメーターをいじったり、色を変えてみたりなどしてpine scriptに触ってみてください。