仮想通貨VIBE(バイブ)とは?VRやARのプラットフォームを担うブロックチェーン技術-Binance取扱い銘柄

2018年10月3日

皆さんこんにちは!0円仮想通貨投資の管理人(@0jpy_kasotuka)です。

Binance(バイナンス)取扱い銘柄紹介記事ですが、今回は上場したばかりの話題の銘柄VIBEです。

いきなり価格上昇素晴らしいですが、実際にVIBEの今後はどうなのでしょうか?

仮想通貨は投資判断としてその内容をしっかり理解しておくことが重要です。

VIBEの特徴を踏まえ今後の将来性を考えていきましょう。

 

↓↓↓VIBEの購入はBinanceがお勧め↓↓↓

◆まだバイナンスの口座開設してないよって方は
Binance(バイナンス)口座開設方法-日本語対応済み世界最大規模の仮想通貨取引所を体験しよう!

◆口座は開設したけど入金できてないよって方は
Binance(バイナンス)仮想通貨取引所で送金(入金や出金)を行う方法を誰でもできるように解説するよ

◆バイナンスに入金済みで仮想通貨の買い方や売り方を知りたいという方は
Binance(バイナンス)で仮想通貨を取引(売買)する方法を詳しく説明しよう!

 

◇2018年1月8日以降1日にBinanceへ登録できる人数が制限されております。登録できない人は第2のバイナンスと呼ばれるKuCoinがお勧め!
人気強上昇KuCoin(クーコイン/仮想通貨取引所)の登録方法や使い方を徹底解説

 

スポンサーリンク

VIBEの特徴

FXのチャートイメージ

VIBEhubというVRやARを使った技術のプラットフォームがあり、そこでコンテンツの購入またはクリエイターへの支払いに使用される仮想通貨がVIBEになります。

中心にあるのがVIBEhubの存在です。

このVIBEhubは以下の動画を見ていただけるとある程度理解いただけるのではないかと思います。

VRというとゲームの印象が強いように感じますが、今後は教育やアーティストのライブ、会社の会議など様々な分野への導入が期待される技術でもあります。

実際にVIBEhubではそういったことが行えるようになるプラットフォームです。

2017年はVR元年と言われていたものの、そんなにVRを身近に感じたことがないようにも思いますが、今後はどんどんVRの技術が社会全体に浸透していくことと思います。

VIBEの将来性

Binanceに上場したことで急激な価格上昇となりましが、これは一時的なものと判断しております。

いったん価格は落ち着くでしょうから、それからが勝負です。

VRやARといった技術はこれからはどんどん社会全体に浸透していくことが予想され、またVIBEhubはそのプラットフォームとなりうる存在であると感じます。

実際にVRゴーグルの開発で有名なOracleやパソコン業界再王手Microsoft、そして日本を代表するプレイステーション4などがVIBEのハードウェアパートナーとしては強力しています。

VR技術が社会に浸透するに伴いVIBEの価格は上昇することが期待でき、投資先としては有望なのではないかと考えています。

VIBEの基本情報

通貨名:VIBE/バイブ

通貨単位:VIBE

公開日:2017年7月

供給上限:2億6700万VIBE

公式サイト:https://www.vibehub.io/

VIBEまとめ

基本的に上場爆上げがいったん落ちいて、それから中長期的には価格が上昇することが予想される仮想通貨がVIBEです。

VRやARのプラットフォームを目指すブロックチェーンとしては唯一無二の存在ではないでしょうか?
(他にもこの分野の仮想通貨があったらごめんさい…管理人知らないだけですね)

VRやARが社会に広まれば広まるほどに認知度が上がり価格が上昇することが期待できます。
(ただ、VRが万が一広まることなく消え去る技術だとしたらVIBEの価値も下がるでしょう)

将来的に期待のもてる仮想通貨のため、価格が落ち着いてからの投資ならありかもしれません。

もちろん投資は自己判断、自己責任でお願いします。

 

↓↓↓VIBEの購入はBinanceがお勧め↓↓↓

◆まだバイナンスの口座開設してないよって方は
Binance(バイナンス)口座開設方法-日本語対応済み世界最大規模の仮想通貨取引所を体験しよう!

◆口座は開設したけど入金できてないよって方は
Binance(バイナンス)仮想通貨取引所で送金(入金や出金)を行う方法を誰でもできるように解説するよ

◆バイナンスに入金済みで仮想通貨の買い方や売り方を知りたいという方は
Binance(バイナンス)で仮想通貨を取引(売買)する方法を詳しく説明しよう!

 

◇2018年1月8日以降1日にBinanceへ登録できる人数が制限されております。登録できない人は第2のバイナンスと呼ばれるKuCoinがお勧め!
人気強上昇KuCoin(クーコイン/仮想通貨取引所)の登録方法や使い方を徹底解説