Webtribe

気になることを記にするブログ

エクセルやワードを無料で使う!?4つの優れたオフィスフリーソフト紹介

time 2016/12/21

エクセルやワードを無料で使う!?4つの優れたオフィスフリーソフト紹介

自宅のパソコンなどにはオフィスソフト(エクセルやワード、パワーポイントなど)がインストールされていないけど、たまにオフィスのソフトを使用したいなんて場合もあるかと思います。

たまにしか使用しないオフィスソフトにお金を出してまで購入するのはもったいない、けどたまにだけど使用したいなんて方にお勧めなのが無料で使えるオフィスソフトです。

これらのオフィスソフトはもちろん正規のソフトで違法性はなく、一般的に使われているマイクロソフトのオフィスソフトと互換性があるのでエクセルやワードのソフトを開いて中を確認したり編集したりすることも可能です。

sponsored link

マイクロソフトの代替えフリーソフト!候補は4つ!

マイクロソフトオフィスの代替え候補は4つあります。どれも優秀なオフィスソフトでエクセルやワードはもちろんパワーポイントなどのプレゼンソフトも無料で使うことができます。

ただし、互換性があるとはいえ完全に互換性があるかと言われればイエスと言い難いところもあります。使い方もエクセルやワードとは若干異なる部分もあるので慣れも必要です。

候補1 LibreOffice

LibreOffice

この【LibreOffice】というオフィス環境はエクセルやワード、パワーポイント等と互換性の高いソフトがパッケージされた総合オフィス環境ソフトです。誰でも無料で使うことができます。エクセルやワードなどのデータを開いて中を確認したり、編集したりすることも可能です。もちろんエクセルやワードのデータ形式を維持したまま保存することができる使いやすいオフィス環境です。ただ、関数を使いすぎるとバグが出たり、パワーポイント互換性のプレゼン用のソフトがとにかく使いづらかったりなどといったことがあります。

使いやすくコストも削減できると一部の官公庁でも導入されているソフトです。特にエクセルと互換の表計算ソフトの使い勝手はエクセルと非常に似ていて、違和感なく使用することができます。ただ、エクセルで非常に多く使われるポップ作成機能Smart artのような機能はないので注意が必要です。 

LibreOfficeのダウンロードはこちら

 候補2 Open Office

Open Office

次に紹介するのが、Open Officeです。このソフトも前に紹介したLibreOfficeのようにエクセルやワード、パワーポイントといったソフトと互換性のあるオフィスソフトがパッケージされた総合オフィス環境フリーソフトです。このOpenOficeは無料のオフィスソフトの先駆けとも言える存在でLibreOffice同様使いやすい環境が整っています。ただし、現在はLibreOfficeの方が開発が活発に行われており、個人的にはOpenOfficeを選ぶ理由があまりないように思います。

前項で紹介したLibreOfficeではどうしても使い勝手が悪くほかのソフトを試したいなんて人は一度使ってみる価値があるかと思います。

OpenOfficeのダウンロードはこちら

候補3 マイクロソフトオフィスオンライン(Office Online)

 マイクロソフトオフィスオンライン

何気にちょっとだけ使うというのであれば、このOfficeOnlineが本命になるかと思います。何といってもマイクロソフトのオフィス環境なのでエクセルやワード、パワーポイントの使い勝手そのままに使用することができます。パソコンにソフトをインストールするのではなく、インターネット上で作業となります。そのため動作がやや重く(遅く)なるのが難点です。

もちろんデータをダウンロードすることも可能です。マイクロソフトのクラウドサービスOneDriveにデータを保存しておくことも可能なので利便性もかなり高くなります。

使用するにはマイクロソフトのアカウントが必要ですが簡単に作ることが可能です。また、インターネットに接続できる環境とマイクロソフトアカウントがあれば自宅に限らずどこでも同じデータで作業することが可能なので出張が多い方などにもお勧めです。

使用できるのでエクセルとワードとパワーポイント。これだけあれば十分な気もしますが、データベースもいじりたいという方にはちょっと残念かもしれません。

OfficeOnlineの使用はこちら

候補4 Googleドキュメント

グーグルドキュメント

このGoogleドキュメントは、もちろん天下のグーグルが提供するオフィス環境です。マイクロソフトのOfficeOnlineと同じようにクラウド(インターネット上)で操作するタイプ。インターネット環境とグーグルアカウントを持っていればどこでもファイルを開いて編集することが可能です。

このGoogleドキュメントは非常に優秀で複数人でファイルの閲覧、編集ができたり、バージョン情報を記憶して間違った編集を過去にさかのぼって復元できたりします。

非常に優秀ではありますので、複数人でスケジュール管理をしたりといった使い方ができるのはかなりメリットですが、今回のテーマはあくまで「エクセルやワードの代わりになるフリーソフト」という面ではマイクロソフトのOfficeOnlineの方が使いやすいと判断します。

このGoogleドキュメントは高機能で様々な使い方ができますので興味がある方は使ってみるのも良いと思います。Googleアカウントがあれば無料で使えますし、Googleアカウントって結構持っている人が多いと思いますので、わざわざ新規でカウントを作成する手間も省略できますよね。

Googleドキュメントの使用はこちら

慣れることも大事!

エクセルやワードの代替えとなる無料のソフトを4つ紹介しましたが、どれも優秀で高機能なものです。ただ、使い勝手はエクセルやワードとやや異なる部分も出てきます。LibreOfficeやOpenOfficeの場合にはフォントや文字間の違いやボタン配置などが異なります。OfficeOnlineやGoogleドキュメントの場合にはインターネット上で作業することとなります。

違いはあれど目的は一緒なので、結局はある程度使い込んで慣れることも大事です。エクセルやワードに代わる無料のソフトをお探しの方はぜひ一度触ってみて、気に入ったものがあれば使い込んでみてください。

sponsored link

down

コメントする




ブログ書いてる人



名前:ひらく
誕生:1980年11月16日
性別:男性
嫁と子供2人の4人暮らし、サラリーマン。会社は八百屋。ネットショップの運営担当しております。パソコン割と得意。職場での学びと経験をスキルアップに繋げたく、2017年に家庭菜園始めました。

詳しいプロフィールはこちら↓↓↓

このブログ書いている人の詳細

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link