Binance(バイナンス)登録方法開設-日本語表記可能な世界最大規模の仮想通貨取引所に登録してみよう!

2018年2月18日

中国の香港に本社のある仮想通貨取引所Binance(以下バイナンス)の登録方法を解説いたします。

バイナンスは世界最大級の取引所で仮想通貨取引を行っている方は、すでに聞いたこともあるのではないでしょうか?

2017年の7月に取引所を開設し2017年12月に取引高が世界1位になるというこのスピード感、2018年1月初旬には1日の登録人数が25万人にものぼり新規登録制限をかけたほど人気のある取引所がバイナンスです。
(現在は新規登録可能です)

バイナンスの特徴は大きく3つあります。

  • 100種類を超える豊富な銘柄
  • 0.1%という格安な手数料
  • 日本語で表記が可能

バイナンスは独自のトークン(仮想通貨のようなもの)$BNBを発行しており、このBNBで取引を行うと手数料は半額の0.05%となります。

また、およそ月に1回新規上場の投票が行われておりBNBを使用して投票することも可能でこの投票で1位を獲得した仮想通貨はバイナンスに上場することとなっているようです。
(2位や3位でも上場実績あり)

手数料が格段に安いうえに100種類以上の銘柄に投資が可能な仮想通貨取引所バイナンス。

日本の取引所は銘柄が少なく、アルトコインに関してはスプレット(買値と売値の差額)で5%も取られてしまうことを考えると、ある程度投資に慣れてきた方などは次のステップでバイナンスへの登録をおすすめします。

バイナンスには直接日本円で入金ができませんので、日本円を一度国内の取引所(ビットフライヤーザイフなど)で円を仮想通貨(ビットコインやイーサリアムなど)に換えてからバイナンスに送金する必要があります。

◇バイナンスは日本語表記が消えたとの話ですが、サイト内での日本語表記が消える代わりにGoogle翻訳機能が実装されておりサイト内を日本語で利用することが可能です。

それでは実際にバイナンスの口座を開設してみましょう!

サイト自体はGoogle翻訳機能でバイナンスのサイトは日本語表記が可能ですが、登録の最中には英語のページもあります。

ただ、そんなに難しいことはありませんのでサクサクと進めていきましょう。

まずは、バイナンスのページにアクセスします。

バイナンス口座開設ページ

表示されたページの右上にGoogle翻訳のボタンがあります。

ここでページを日本語表記にできますので迷わず「日本語」を選択しましょう。

画面の右上に「登録」ボタンがありますので、そこをクリックします。

お決まりのメルアドとパスワードの入力です(ここは英語表記)。

  1. ログインなどで使用するメルアドを入力
  2. パスワードを入力(英数字で1文字大文字が必要)
  3. パスワードの再入力
  4. 入力なしでOK

利用規約に同意にチェックを入れて「登録」をクリックします。

日本では見かけないスパム防止の仕組みがあります。

赤枠の丸いアイコンをマウスで右に移動するとパズルが出てきますので、うまくパズルがはまる所までアイコンを移動させましょう。

英語の画面に推移しましたが、ここは「メールを確認してね」っていう良くあるやつです。

さきほど登録で入力したメールの受信トレイを確認に行きましょう。

英語表記のメールが届いています。

ここでは赤枠で囲った「Verify Email」をクリックします。

ブラウザに移動して上の画像のような画面が出てきます。

これで、メール認証が完了です。そのまま「Login」をクリックしましょう。

 

ブラウザでログイン画面が表示されますので、先ほど入力したメルアドとパスワードでログインしましょう。

チェック項目が出てきます。最近フィッシング詐欺が流行っているので、しっかり確認しておきましょう。

内容を把握したらチェックを入れて「私は>>続け、理解します」をクリックします。

最初のログインで必ず「二段階認証」を行う画面が表示されます。

仮想通貨取引において二段階認証は必須レベルのセキュリティなので登録するようにしましょう。

また、バイナンスは「Google検証」と「SMS検証」と二つありますが「SMS検証」の方は中国のみ対応なので「Google検証」一択となります。

大まかな流れは次のようになります。

  1. スマホでアプリ「Google authenicator」をダウンロード
  2. 「Google authenicator」のバーコードスキャンで画面のQRコードを読み取る
  3. 登録の時に設定したパスワードを右上の蘭に入力
  4. 「Google authenicator」に表示された二次検証コード(6桁)を下の蘭に入力

となります。順をおって説明していきます。

step1

手持ちのスマホに「Google authenicator」をインストールします。

普通にAppStoreで検索すると出てきますのでインストールしましょう(既にインストール済みの方はしなくてOK)。

step2

*画像は管理人がモザイク処理を行っております

スマホで「Google authenicator」を起動してバーコードリーダーで左のQRコードを読み取ります。

step3

*画像は管理人がモザイク処理を行っております

モザイクのところに英数字の文字列が表示されます。これは「キー」といってとても大切な情報です。

画面にも書いてあるようにスマホを無くしたり壊したりした場合にGoogle認証を復帰させるために必要です。

ここに表示された「キー」はコピペができないようになっており、また次の画面で入力を求められるため、紙に書いておきましょう。

step4

最後のステップです。

ここでは「キー」「ログインパスワード」「2FAコード」の入力が求められます。

  • キー 先ほど紙に書きだしたキーを入力します
  • ログインパスワード 自分で設定したパスワードを入力します
  • 2faコード スマホの「Google authenicator」に表示されている6桁の数字を入力します

となります。

ちょっと面倒ではありますが、仮想通貨の取引所において2段階認証はセキュリティの面で必須です。

また、最初だけ設定すると次からはスマホの6桁の数字を入力するだけなので簡単になります。

万が一の不正送金などを防ぐためにも2段階認証は設定しておきましょう。

なお「Google authenicator」はログインなどでも今後も必要なのでスマホに残しておいてください。

 

口座開設はこれで完了です。

これで口座開設は完了です。

お疲れ様でした。もしかしたら日本の仮想通貨取引所に登録するよりは簡単だったかもしれませんね。

冒頭でも書いたようにバイナンスには日本円で入金ができませんので、日本円を一度国内の取引所(ビットフライヤーザイフなど)で仮想通貨(ビットコインやイーサリアムなど)に換えてからバイナンスに送金する必要があります。

もし国内の仮想通貨取引所に登録していない方はこの機会にしておきましょう。

ビットフライヤーコインチェックザイフこの3つのどれかに登録すればとりあえず問題ありませんが、サイトの使いやすさからするとコインチェックがおすすめです。

本人確認しなくても十分使えるのがバイナンス

仮想通貨取引所の登録で必ずあるのが本人確認です。

バイナンスももちろん本人確認があります。

パスポートを利用して行うことができます。

ただ、バイナンスは本人確認を行わなくても利用することが可能で、

  • 本人確認なし:一日の最大送金限度額が2BTC(ビットコイン)
  • 本人確認あり:一日の最大送金限度額が100BTC(ビットコイン)

と、送金限度額に違いがあるだけです。

 

管理人的には、本人確認なしでも十分なので行っておりません。

今後バイナンスの仕様変更などで本人確認が必要になった場合には追記したいと思います。

バイナンス登録まとめ

Twitterなどでバイナンスから日本語が消えたと騒ぎになっていた時期もありましたが、Google翻訳機能のおかげでストレスなく日本語で利用できるようになっています。

仮想通貨取引所の登録で一番ネックになるのが、2段階認証かもしれません。

最初慣れるまでは面倒かもしれませんが、セキュリティ強化のため必要なものなのでぜひ挑戦しましょう。

2017年7月にオープンしたった半年で世界トップクラスの取引所に成長したバイナンス。

銘柄も豊富で値上がりが期待できるものが多いので、仮想通貨投資を行う上ではぜひとも登録しておきたい取引所です。

バイナンス口座開設ページ

 

◆バイナンスに「口座は開設したけど入金できてないよ」って方は
Binance(バイナンス)仮想通貨取引所で送金(入金や出金)を行う方法を誰でもできるように解説するよ

◆バイナンスに入金済みで仮想通貨の買い方や売り方を知りたいという方は
Binance(バイナンス)で仮想通貨を取引(売買)する方法を詳しく説明しよう!