Webtribe

気になることを記にするブログ@最近仮想通貨はじめました

仮想通貨WAVES(Waves/ウェーブス)とは?機能もりもりで将来性があるBinance取り扱い銘柄

time 2018/01/09

仮想通貨WAVES(Waves/ウェーブス)とは?機能もりもりで将来性があるBinance取り扱い銘柄

皆さんこんにちは!0円仮想通貨投資の管理人(@0jpy_kasotuka)です。

ここのところBinanceで取り扱い可能な仮想通貨を集中して紹介しているのですが、今回はWavesです。

ウェーブスと言い、WAVESが略号です。

機能モリモリの万能な仮想通貨で管理人的には一押しの通貨でもあります。
(今後の価格がどうなるかは分かりませんが)

WAVESの機能や特徴、将来性について記事にまとめます。

WAVESはBinance(バイナンス)で購入可能ですが、9日現在バイナンスは人数限定で登録を行っております。

 

↓↓↓WAVESの購入はBinanceがお勧め↓↓↓

◆まだバイナンスの口座開設してないよって方は
Binance(バイナンス)口座開設方法-日本語対応済み世界最大規模の仮想通貨取引所を体験しよう!

◆口座は開設したけど入金できてないよって方は
Binance(バイナンス)仮想通貨取引所で送金(入金や出金)を行う方法を誰でもできるように解説するよ

◆バイナンスに入金済みで仮想通貨の買い方や売り方を知りたいという方は
Binance(バイナンス)で仮想通貨を取引(売買)する方法を詳しく説明しよう!

 

◇2018年1月8日以降1日にBinanceへ登録できる人数が制限されております。登録できない人は第2のバイナンスと呼ばれるKuCoinがお勧め!
人気強上昇KuCoin(クーコイン/仮想通貨取引所)の登録方法や使い方を徹底解説

 

sponsored link

WAVESの特徴

FXのチャートイメージ

WAVESは金融取引仮想通貨です。

ドルやユーロとの交換を簡単に行うことができる仮想通貨で法定通貨を仮想通貨に換えたいときなどに便利に機能するものです。

同じ法定通貨を交換する仮想通貨としてリップルが挙げられますが、リップルの場合は銀行が法定通貨を仮想通貨に交換し世界中に送金することで機能する仮想通貨です。

WAVESの場合は銀行でなくても個人レベルで扱うことができるようになっています。

またWAVESはトークンの発行やWAVESのプラットフォームでのICOがとても簡単に行うことができます。

「???」な方も多いと思いますが、超簡単に言うとWAVESのブロックチェーンを利用して新しい仮想通貨を発行することができるという機能があります。

しかもトークンにはメッセージ機能や匿名送金、投票システムやクラウドストレージなどさまざまな機能を理論上は付加することが可能です。

そのため「こういう仮想通貨が欲しいな」というアディアをWAVESのプラットフォームを利用して開発し発行することができるわけなのです。

もちろんWAVESのブロックチェーンを使用するためセキュリティなども安心です。

分散型取引所(DEX)

管理人は2018年以降、分散型取引所はアツイと思っています。

そしてWAVESも分散型取引所(DEX)でございます。

分散型の取引所はとてもセキュリティが強固で、トランザクションの費用も最小限になると言われています。

さらにWAVESはクライアントにDEXが統合されているため、通貨の保有と取引がクライアントないですべて完結することになります。

WAVESの将来性

WAVESの目標はさまざまな分野のトークン化のためのプラットフォームになることです。

実際にWAVESでトークンを発行するのはとても簡単でたくさん種類のトークンが発行されています。

今後は「スマートコントラクト(ブロックチェーンへの契約の記述機能)」「匿名送金」「NGスケーラビリティ(簡単に言うとブロックチェーンの容量を増やすこと)」「ICOの法的枠組みの設定」を行っていく予定です。

また、Microsoft Azureなどをはじめ様々なパートナーシップも積極的に提携しており、実用化に向けた取り組みも現実味を帯びてきていると感じています。

2017年年末から価格急騰しているため、どこで価格が落ち着くのかは判断が難しいところではありますが、管理人としては将来性が高い仮想通貨の一つとして見ているところです。

WAVESの基本情報

通貨名:Waves(ウェーブス)

通貨単位:WAVES

公開日:2016年6月

供給上限:1億WAVES

公式サイト:https://wavesplatform.com/

WAVESまとめ

個人的に一押し通貨のWAVESですが、今後は期待しながら価格変動などを注視していこうと思います。

特にプラットフォーム的な仮想通貨はイーサリアムやネムなども目指しているところですので、その手の仮想通貨との差別化なども重要になってくると思います。

個人的には、価格上昇前にWAVESを持っていた人はまだまだホールド、これから投資をする場合には価格変動を見ながら何回かに分けて購入といった感じでしょうか。

投資をする際にはもちろん自己判断かつ自己責任でお願いします。

 

↓↓↓WAVESの購入はBinanceがお勧め↓↓↓

◆まだバイナンスの口座開設してないよって方は
Binance(バイナンス)口座開設方法-日本語対応済み世界最大規模の仮想通貨取引所を体験しよう!

◆口座は開設したけど入金できてないよって方は
Binance(バイナンス)仮想通貨取引所で送金(入金や出金)を行う方法を誰でもできるように解説するよ

◆バイナンスに入金済みで仮想通貨の買い方や売り方を知りたいという方は
Binance(バイナンス)で仮想通貨を取引(売買)する方法を詳しく説明しよう!

 

◇2018年1月8日以降1日にBinanceへ登録できる人数が制限されております。登録できない人は第2のバイナンスと呼ばれるKuCoinがお勧め!
人気強上昇KuCoin(クーコイン/仮想通貨取引所)の登録方法や使い方を徹底解説

sponsored link

down

コメントする




管理人おすすめ国内取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ブログ書いてる人

名前:ひらく
誕生:1980年11月16日
性別:男性
嫁と子供2人の4人暮らし。2017年10月に独立してフリーランスになり、本業はネットショップの運営代行とウェブ制作など、独立直後に仮想通貨に目覚めて目下勉強中

投資は自己責任でお願いします

このブログに記載の仮想通貨をはじめその他の投資情報は管理人の主観であり管理人個人の予想です。あくまで結果を保証するわけではございません。当ブログを参考に投資を行った場合にも、その損益において管理人は一切の責任を負いません。投資をする際には自己判断、自己責任で十分な検証などを行ったうえで投資を行うようにしてください。

また、読んでいる記事が古い場合があります。記事公開日を確認するようにお願いします。

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link